単六のニッケル水素充電池を手に入れる

Wacom の iPad用スタイラスペン Intuos Creative Stylus を買いました。
が、バッテリーが単六電池。内蔵Battで交換不可ってのも嫌だけど…単六か。
eneloop も単四が最小なんだよね。

とういことで、ネットで見かけた記事を参考にして(URL失念)、自作単六eneloopを作ることにしました。

超簡単。
秋月角型9vニッケル水素電池[GP30R7H] を買って、被覆剥いで、半田外して、ヤスリで整えて、ハンダでプラス側のポッチを作るだけ。
無事 Intuos も動きました。
ちなみに充電器はeneloopの単4向けのものを使用。電池の長さが足りないのでアルミ箔とか使って何とかして下さい。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

SONY VAIO Pro 11 Win7 Driver

やっと発表来た!Vaio Pro 11 の 8GB モデル。おせーよSONY
早速ポチってケチってWin8モデル買ったけど、やっぱWin7のがいい…。

[SONY VAIO pro11 スキン | Skin 作ってみました]

※Windows7に自前ダウングレードする上での注意※

  • Win8版のリカバリディスクは必ず作成すること!
    できればWin8のシリアルも取っとくと何かの役に立つかも
  • Fnキーでの画面の輝度調整が出来なくなります。当然自動調整も効きません。
    コンパネからの調整は可
    SONY製ソフトウェアを入れることによって解決します。
  • Smart Network が使えなくなります。WiFiはONのまま、Offが出来ません。
    ネットワーク接続からWiFi NICを無効にすれば一応OFFにはできるけど面倒。
    SONY製ソフトウェアを入れることによって解決します。
  • VAIO Update が使えません。

電源OFFの状態からASSISTボタンを押下すると、起動デバイスと選択と、BIOSの起動ができる。
事前にBIOSで セキュアブート と、UEFI をOffらないと、インストールができないので注意。

インストール途中でSSD内のパーティションを全部消さないと、インストール続行出来ない
リカバリ用パーティションも消しちゃうので、必ずWin8版のリカバリディスクは作成しておくこと。

ドライバー群は以下の通り。
一応SONYのUSサイトでPro11用のドライバ+ソフトウェア配布してるけので、基本それで動くはず。
が、私の場合はいまいち上手く動かなかったので、一部チップメーカーサイトから直接落としました。
ちなみに US ではVAIO Proシリーズではなく、Pシリーズ(SVP112****)として販売されているので、その辺の型番で調べるとドライバが出てくるかも。

海外SONYサポート
sony.com | Download
sony.co.in | Download

チップメーカ

Intel WiDi Software | Intel Download

Intel® PROSet/Wireless Bluetooth Software for Win7 | Download

Realtek PCIE RTS5208/RTS5209/RTL8401 card reader driver for XP/Win7/Win8/Win8.1 | Download

Audio Device | Realtek Downloads
64bits Vista, Windows7, Windows8 Driver only (Executable file) を選択

TouchPad(TrackPad)| Synaptics Drivers

Graphics Device | Intel® HD Graphics Family (Intel HD Graphics 4400)

Intel USB 3.0 eXtensible Host Controller Driver for Intel® 8 Series/C220 Chipset Family | Download

まだ Win8 で稼働してた時のデバイスマネージャスクショ

カテゴリー: パソコンサポート | コメントをどうぞ

GIANT NRS3 フレーム塗装 フレームオーバーホール

しかしこのMTB、もう10年前のフレームなんだね。

そろそろデザインに飽きてきたので思い切ってフレームの塗装をしてみた。
ついでにリアサス付近フレーム可動部分のベアリングがガタガタと判明したので、その辺りのオーバーホールも一緒に。

「あれ?前も黄色じゃなかったけ?同じじゃん」
同じじゃねーから!今度はライムイエローね、その辺間違えないようによろしく。

最後の調整はやっぱりプロにお願い。

カテゴリー: MTB, 趣味 | コメントをどうぞ

Vostro 2520 分解 SSD換装 メモリ交換

DELL の Vostro 2520 をSSD換装、メモリ交換した時のメモ。

裏面のネジ15本を全て外す。
緑マーカー 2箇所のネジはHDD固定用の短いネジなので、組立時に注意。
ちなみにメモリ交換のみであればこの工程はすっ飛ばしてOK。


キーボード上部のラッチを上に押し込むようにして4箇所外す。傷が付きやすいのでプラ製の部品外しで行うのが吉。
めんどくさい場合は画像のように磁気カード的なモノを差し込んでスライドさせれば外れます。


キーボードを外す際にはフィルムケーブルに注意。
メモリ交換のみであれば、外すのはキーボードからのフィルムケーブルだけでOK(or 外さずに頑張る)
HDD、CPUへのアクセスをするのであれば赤マーカー部分のケーブルは全て外す。無理やり抜かないこと。
加えて、紫マーカー2箇所のネジを外す。


ここは、少しコツと力が要ります。
シルバーのフレームを外側(画像では手前)に少し引っ張る感じで固定爪を浮かせて、出来た隙間にパーツ外しや爪を差し込んで上に引っ張るとパームレストが取れる。
後はバリバリとやってしまえば取れちゃう。適当ですみません。



裏面のネジをしっかり外してあれば、スライドさせるだけでHDDが外れる。
あとはSSDを装着してリカバリ。OSのディスクはご自分で準備下さい。ドライバはここから落とせます。

カテゴリー: パソコンサポート | コメントをどうぞ

Buffalo 製 NAS のアクセス権限付与の仕組みがなんかおかしい

客先でハマったのでメモ。

上手く文章に出来そうにないので、図で表すとこんな感じ。

ユーザA・B は グループa’ に所属
ユーザB・C は グループb’ に所属
ユーザ全員は グループc’ に所属

グループa’ は [a_dir] フォルダ に対して r(読み) w(書き) の権限
グループb’ は [b_dir] フォルダ に対して r(読み) w(書き) の権限
グループc’ は 全フォルダ に対して r(読み) のみの権限

LinuxやQNAPではより強い権限が優先でユーザに付与されるのに対して、
Buffalo製TeraStationでは弱い権限(この場合だとグループc’のr権限)が優先で付与されてる。
…っぽい。グループ作る意味ないような気がする。

とりあえずの解決方法としては、
[a_dir] フォルダ と [b_dir] フォルダ に対しての グループc’ の r権限を外して、代わりにユーザc 個人に対してr権限を付与する方法をとった。

カテゴリー: パソコンサポート | コメントをどうぞ

Luminox 1881.bo 購入 & バンド(ベルト)交換(for nixon 51-30)

腕時計なんていらない。ケータイでいーじゃん。そう思ってた時期もありました…。

外出用のガシガシ使えるゴツめ時計が欲しくなったので、ルミノックス 1881ブラックアウトを購入しました。
ただコレ、ベルト(バンド)が革で、個人的にあんま好きくないので、ヤフオクで並行品ニクソン51-30を17,000円で落札。こっちはメタルバンド目当て。
1881boが届いたその日にカスタムを決行。

注意点

  • 1881.bo のラグ(カン)幅は公称 26mm (実際測ったら26.2mm) で、51-30 は25mm。なので若干隙間が開く。(というか開かないと装着できない)
  • 1881bo はバネ棒で本体-ベルトが繋がれているが、51-30 はネジで止められている為、ベルト側にバネ棒調整・外し用のスリットが用意されていない。なので、25mmギリギリのラグ(カン)幅の時計に51-30のベルトを付けると、ハマらないか、ハマっても外れなくなる、ハズ。

ノーマル 1881.bo
Luminox 1881.bo

51-30 、 1881bo からベルト取り外し。
精密マイナスドライバーを2本使って片方を固定しつつもう片方を回す。結構硬かった。
1881bo はバネ棒外しで難なく取り外し。



1881.bo に 51-30 のベルトを装着。
…もうコレ純正で売ってくれよ。こっちのが好みの人絶対居るって!
ちなみに時計自体は重くなります。
1881.bo カスタム (51-30ベルト装着)1881.bo カスタム (51-30ベルト装着)

余ったルミノックスバンドバージョンの51-30、誰か要らないかな。

カテゴリー: 物欲アンテナ | 4件のコメント

OUYAが届いたのでフォトレビュー | OUYA Photo Review

OUYAが届いた!

開封、内容物確認。
OUYA BoxOUYA

本体
OUYAOUYAOUYA

コントローラ
OUYA

底面の滑り止めゴムが変形してた…。
ちゃんとハマってない状態で梱包されたらしい。
引っ張ったら取れたので、お湯で柔くしてから直して、本体分解して組立。

カテゴリー: ゲーム | コメントをどうぞ

Buffalo NAS LS-WS500GL/R1 HDD換装 [本体分解]

HDDが壊れて回収したLS-WSGLが勿体無いので、HDD換装をして復活を試みる。
LS-WSGLシリーズはユーザでのHDD交換が出来ない様になっていて、分解した時点で保証が効かなくなるので注意。(とは言っても、もう売ってないんだけど)
多分、現モデルのLS-WSXL/R1シリーズも構造的に分解手順は変わらない…と思う。

ファーム更新編はこちら

先ずは爪を外れなければならない。
爪の場所は画像の赤矢印部分。

本体背面にマイナスドライバーを差し込み、テコの原理で爪を外す。

磁気カードのようなものを差し込んで、爪がハマらないようにしておく。

爪付近の熱排気溝に先が鋭利なもの(キリ等)を差し込んで、テコの原理で爪を外す。

方側面のパネルが外れてしまえば、特に問題なくHDDと基盤が取り外せるはず。
ステータスランプ表示部分のパネルは、粘着面にホコリなどがつかないように保管しておくこと。

取り出したHDD+基盤と、アルミ板。
この NAS には冷却用ファンが付いてないのだけれど、おそらくこのアルミ板がヒートシンクの役割をしてるんだろう。

分解していて気がついた事。
発売時期によって、HDDの暑さが 12.5mm と 9.5mm + 緩衝材 のモノが有るようです。

カテゴリー: パソコンサポート | 1件のコメント

Buffalo NAS LS-WS500GL/R1 HDD換装 [ファーム更新]

HDDが壊れて回収したLS-WSGLが勿体無いので、HDD換装をして復活を試みる。
分解もファーム更新も多分、現モデルのLS-WSXL/R1シリーズに応用が効くはず。

本体分解編はこちら

1.ファームウェアのダウンロード

Buffalo | Download

ダウンロードしたexeを実行、解凍したフォルダ内の、[ LS_WSGL_Fw1.06 ] フォルダを開く。
フォルダ内の [ initrd.img ] に .zip 拡張子を付けて解凍し、解凍フォルダから [ initrd.buffalo ] ファイルを [ LS_WSGL_Fw1.06 ] フォルダに移動する。(uImage.buffalo ファイルと一緒にするのが肝心)
尚この際に、パスワードを求められる場合がありますが、[ Linkstation initrd password ] とかで検索すると幸せになれるかもしれません。

1NIf_2yUOlRDpYZUVNqboRpMBoZwT4PzoUvOPUp6l
aAhvlM1Yp7_2VSm6BhgkmTOrCN1JyE0C5Q6cB3oBB
YvSInIQopeipx66t_DCdfEvfP47qeVPhNhAuSYmA4
IeY8omJwGlGkIbJm2FH_MV4fLsXE8ieu0gNYwE6Ty

2.TFTPサーバの準備

PCのIPを 192.168.11.1 に変更して、NAS と PC をクロスケーブルで接続する

tftpd32 | Download

TFTPサーバをダウンロードして解凍。TFTPサーバ(tftpd32.exe)を起動する。
公開許可するフォルダは先ほど解凍した [ initrd.buffalo ] ファイルがあるフォルダを指定する。画像参照の事
HDDを接続した状態でFuncボタンを押しながらNASを起動するとE06(短く赤ランプ6回点滅)を吐くので、再度Funcボタンを長押しすると、TFTP経由でイメージの転送が開始される。



3.ファームウェアの復旧

今までの工程が全てうまく行っていれば、NAS Navigator 2 を起動した後、EMモードのNASが見つかるはず。
1.でダウンロードしたファームアップデータ [ LSUpdater.exe ] を起動してファームの更新を行う。
アップデータを起動した時点でNAS側のIPを変更するか、と聞かれるがこれは行わなくて結構。その代わりPCのネットワーク設定を
IP:169.254.10.100
サブネット:255.255.0.0
に変更する


カテゴリー: パソコンサポート | コメントをどうぞ

WinXP の Zune Theme が何処かへ行ってしまった件

www.zune.net へアクセスするとxbox.comに飛ばされる様になってしまった。
ついでにXP の Zuneテーマも何処かへ行ってしまった。

が、US のサイトに合ったので直リン
また何時無くなるかわからんのでGoogle Driveにバックアップを置いておく事にする。
ご自由にどうぞ。

カテゴリー: パソコンサポート | コメントをどうぞ