Buffalo 製 NAS のアクセス権限付与の仕組みがなんかおかしい

客先でハマったのでメモ。

上手く文章に出来そうにないので、図で表すとこんな感じ。

ユーザA・B は グループa’ に所属
ユーザB・C は グループb’ に所属
ユーザ全員は グループc’ に所属

グループa’ は [a_dir] フォルダ に対して r(読み) w(書き) の権限
グループb’ は [b_dir] フォルダ に対して r(読み) w(書き) の権限
グループc’ は 全フォルダ に対して r(読み) のみの権限

LinuxやQNAPではより強い権限が優先でユーザに付与されるのに対して、
Buffalo製TeraStationでは弱い権限(この場合だとグループc’のr権限)が優先で付与されてる。
…っぽい。グループ作る意味ないような気がする。

とりあえずの解決方法としては、
[a_dir] フォルダ と [b_dir] フォルダ に対しての グループc’ の r権限を外して、代わりにユーザc 個人に対してr権限を付与する方法をとった。

カテゴリー: パソコンサポート   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


七 + 9 =

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>